AAIC|Asia Africa Investment & Consulting

DrugStoc 、Revital Healthcare とTICAD8を通じ協業に関する覚書(MoU)を締結

〜ナイジェリア、ケニアをはじめアフリカ地域における医薬品、医薬備品の更なる発展をサポートします〜

 AAIC Investment Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:椿 進、以下AAIC Investment) は2022年8月27日にチュニジアにて開催されましたTICAD8を通じアフリカ地域における、DrugStoc社(以下DrugStoc)、Revital Healthcare社(以下Revital Healthcare)の両社が手掛ける幅広い事業分野での協業に関する覚書(以下「本覚書」)を締結しました。

 DrugStocはナイジェリアにて医療機関(病院・クリニック)薬局向けに医薬品、関連品の販売するEコマースプラットフォームで受注次第、24時間以内にデリバリーを行っています。7,000を超えるSKUの医薬品を国内最大手薬局チェーンや私立病院グループを含む現在3,000を超える医療機関、薬局に医薬品を提供しています。2022年8月27日に締結した本覚書を通じて、今後ナイジェリア国内での更なる協業、特に日系製薬企業、医療機器企業などのナイジェリア市場の進出支援、マーケティング、販売を促進して参ります。

 Revital Healthcareとは、2021年12月に大原薬品工業と共にアフリカでの医療備品製造強化に向け出資を行う旨、発表しましたが、アフリカにおける医療備品の製造・販売を強化すべく、2022年12月5日に改めて本覚書に調印しました。覚書調印式の様子はケニアの地元ニュース番組でも取り上げられています。

 Revital Healthcareは輸出特別区に立地し、使い捨て注射器など医療備品を製造し、ケニア国内販売からサブサハラ周辺国、更に2022年にはインドなどアジアにも輸出販売を行なっています。医療備品製造工場では、サブサハラアフリカ最大で、同社が製造する使い捨て注射器はWHOにサブサハラアフリカで唯一認定されています。

【覚書披露の様子】(提供:日本貿易振興機構(JETRO)、2022年8月27日)
壇上中央左:DrugStoc CEO, Chibuzo Opara  右:AAIC Investment Director/CEO 椿 進

【覚書締結の様子】(ケニア地元テレビ局 K24、2022年12月6日放送画面)
左:大原薬品工業株式会社/代表取締役社長 大原 誠司
中央:Revital Healthcare (EPZ) Ltd /Chairperson Dr. Rajnikat Vora
右:AAIC Investment Pte. Ltd. /Director 半田 滋

■DrugStoc, Inc (DrugStoc)
会社名: DrugStoc, Inc (DrugStoc)
本社所在地: ラゴス(ナイジェリア)
代表者: CEO Chibuzo Opara, Adham Yehia
設立: 2015年
URL: https://drugstoc.com
事業内容:
ナイジェリアにて医療機関(病院・クリニック)と薬局向けに医薬品の販売するEコマースプラットフォーム。受注次第、24時間以内にデリバリーを行う。7,000 SKUを超える医薬品を国内最大手薬局チェーンや私立病院グループをなど、3,000以上の医療機関、薬局に提供。
 
■Revital Healthcare (EPZ) Ltd (Revital Healthcare)
会社名: Revital Healthcare (EPZ) Ltd (Revital Healthcare)
本社所在地: モンバサ(ケニア)
代表者: Dr. Rajnikat Vora
設立:2007年
URL: https://www.revitalhcare.com
事業内容:
さまざまな種類の注射器(RUP / ADおよび従来型)、コロナウィルス検査キット、マラリア検査キット、新生児向け呼吸器(bCPAP)、PPEキット、手術用マスク、ウイルス輸送キットなど、45を超える医療機器・関連用品を製造しています。社員500名の内、8割が女性で、女性の経済的社会的自立や、能力開発を通じた持続可能な社会の実現に向けて、アフリカに於いて前進的な取組みを行なっています。
WHO-PQS, ISO 13485, ISO 14001, ISO 9001, CE-TUV, WHO-GMP, US-FDA-EUA, Health Canada, NAFDAQ, MHRA, TGA など様々な外部団体から認証を受けている他、UNICEF、WHO、CHMPといった国際機関や政府機関からも推奨されています。
 
■AAIC Investment Pte. Ltd. (AAIC Investment)
会社名: AAIC Investment Pte. Ltd. (AAIC Investment)
所在地: シンガポール
代表者: 椿 進
設立: 2013年
URL: https://aaicinvestment.com
事業内容:
AAICホールディングスのファンドマネジメント会社として、2013年にシンガポールで設立。2014年から日系企業のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の運営をサポート。2017年、日系初のアフリカに特化したファンド(アフリカヘルスケアファンド、AHF 1号)を設立、アフリカのヘルスケアセクターを中心に投資を実施。2022年にはアフリカ・イノベーション& ヘルスケアファンド(AHF 2号)を組成、2022年3月末にファースト・クローズ。両ファンドを通じた投資先は30社を超える。(2023年11月時点)

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
会社名: AAIC Investment Pte. Ltd.
氏名: 半田 滋、一宮 暢彦
役職: AAIC Investment Pte. Ltd. Director、AAICナイジェリア法人代表