AAIC|Asia Africa Investment & Consulting

Leadershipマネジメントチーム・アドバイザーについて

Management Teamマネジメントチーム

  • 代表パートナー(シンガポール・東京)
    椿 進
  • パートナー(上海)
    田中 秀哉
  • パートナー(シンガポール・東京)
    難波 昇平
  • ダイレクター(シンガポール)
    半田 滋
  • プリンシパル(東京)
    北野 絢子
  • プリンシパル(東京)
    杉村 幸彦
  • プリンシパル(ケニア)
    石田 宏樹

Advisorsアドバイザー

  • シニアアドバイザー
    佐藤 芳之
  • シニアアドバイザー
    石野 博
  • シニアアドバイザー
    内田 和成
  • シニアアドバイザー
    玉川 雅之
  • シニアアドバイザー
    中島 進
  • シニアアドバイザー
    落合 勇
椿 進
代表パートナー(シンガポール・東京)

2008年に現アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)社を創業。代表取締役社長/代表パートナー就任。2013年に現AAIC Investmentを設立、ダイレクター/CEOに就任。

中国・東南アジア・インド・中東・アフリカなどの新興国において、新規事業育成、市場参入支援、M&Aおよびパートナー探索支援、事業転換支援など、コンサルティングと投資を通じて実施。2014年には日本初のアフリカ専用のファンドを組成。現在はアフリカ・ヘルスケア・ファンド(AHF1号、AHF2号)を運営中。

「超加速経済アフリカ: LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図(東洋経済新報社)」「日本企業のグローバル戦略入門(プレジデント社)共著」他執筆・ 講演多数。

ビジネスブレークスルー大学、 ビジネスブレークスルー大学大学院
経営学研究科経営管理専攻(MBA)教授

経歴

東京大学教養学部基礎科学第一学科卒

専門領域

戦略コンサルティング、投資事業、人材育成全般

担当地域

全地域

田中 秀哉
パートナー(上海)

(株)リクルート(現リクルートHD)において営業、事業企画・管理、マーケティング、新規事業開発、戦略構築業務を歴任。

2002年から中国での広告メディア事業およびHR事業の立ち上げに専従。中国事業立ち上げに伴う、事業企画、マーケティング、人事・採用、財務、法務、政府対応など主な経営課題に取り組む。

2008年に(株)パンアジアパートナーズ(現AAIC)を創業。パートナーに就任。主に中華圏および東南アジアにおける、事業戦略立案、事業企画、マーケティング、リサーチ、事業構築・運営、マネジメント支援業務などを担当。特に、中国においては製造業、サービス業、流通、商社、Webビジネスなど幅広い製品・サービス/産業領域において、投資フェーズの創業期から撤退に至るまでの事業ライフサイクルの最適化支援業務を推進。

近年は中国・アジア・アフリカを貫く広域ビジネスの拡大に注力。戦略レイヤーと現場を貫き、経営資源の効率活用を常に追求する姿勢を意識した活動を継続。

経歴

早稲田大学商学部卒

専門領域

経営戦略、事業再構築、マーケティング戦略

担当地域

中国(台湾・香港)、東南アジアおよびアフリカの一部

難波 昇平
パートナー(シンガポール・東京)

日本アイ・ビー・エム(株)にて、欧米・アジアのグローバルプロジェクトを中心に、システム化戦略、サプライチェーン改革等のプロジェクトに従事。インド赴任では鉄鋼業界のSMEとしてグローバルチームに参画し、パッケージ・ソリューションの企画・開発を推進。

グリー(株)では、プロダクト・マネージャーとして、グローバル・プラットフォーム構築、仮想通貨流通企画、各国金融規制対応、事業開発等を担当。米国赴任では米国企業買収後のPMIとゲームスタジオの立ち上げを推進。

2014年に(株)パンアジアパートナーズ(現AAIC)に入社。アジアでの商業施設出店戦略やマーケティング実行支援、生産工場進出戦略策定、コンテンツ事業の海外進出支援や、アフリカでのビジネスマッチング企画・実行、電機メーカー成長戦略策定等、多数の海外進出案件を推進。

クライアントの新規事業創出支援の他、新分野(自動運転やデジタルコンテンツ等)でのM&Aや出資案件など成長戦略実行も担当。2019年にAAIC Japan代表取締役就任。

経歴

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了

専門領域

海外進出支援、新規事業創出、DX推進、スタートアップ支援、サステナビリティ経営戦略など。
電機/エレクトロニクス、テレコム、消費財、Web/インターネット、コンテンツ、一次産業/食品業界など、幅広い業界を支援。

担当地域

アジア、アフリカ、欧米

半田 滋
ダイレクター(シンガポール)

半田はビジネス開発、アフリカ・中東でのベンチャー投資、国際開発など新興国を中心に、新規事業開発、ベンチャー投資に豊富な経験をもつ。また、国際開発機関では困難な環境下で、様々なバックグランドのチームを牽引するなど、チームマネージメント経験も豊富。

国際協力銀行(現国際協力機構)にて、社会経済インフラ融資の案件組成、審査、融資から案件監理を担当。社会開発ファンドを運営し、地域開発を支援。(株)ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)では、ポートフォリオ改革、流通小売、製薬会社などの業務改善、マーケティング戦略を支援。新コンビニフォーマットのナチュラルローソン立上げに人財開発部長、マーケティング部長として参画、事業戦略、ブランド戦略、店舗拡大を牽引。国際連合開発計画(UNDP)イラク事務所にて、インフラ復興の資金調達、事業モニタリングによる事業促進を担う。民間セクター開発責任者として、イラク首相府諮問機関との民間セクター開発戦略策定責任者を務めた。

2015年にAAIC参画。アフリカ・中東におけるスタートアップ投資、投資先の成長戦略支援を担う。また、アクセラレーションを通じスタートアップを支援。日本企業との事業マッチング。

Africa Healthcare Networkなど6社のスタートアップのボードメンバー。
国際開発支援として、国際NGOのプランジャパンの理事も務める

経歴

京都大学法学部卒、南カリフォルニア大学院公共経営学修士号、南カリフォルニア大学院会計学修士号

専門領域

ベンチャー投資、投資先へのバリューアップ。アクセラレーションなどを通じたスタートアップ企業の多国間展開などの成長支援。

資金調達、新規事業企画・実行

国際開発・ビジネスにおける事業開発・マーケティング業務

担当地域

アフリカ・中東・東欧地域を中心とした新興国。

北野 絢子
プリンシパル(東京)

(株)ボストン・コンサルティング・グループ(BCG、現・合同会社)において、事業戦略、CRM戦略、ターンアラウンド戦略、マーケティング戦略、新規事業立ち上げなどに携わる。一般消費財、流通小売などのBtoC分野を中心に、顧客行動の分析から消費者インサイトを獲得するプロジェクトを豊富に計画・実行。

個人コンサルタントとして(株)星野リゾートの顧客満足度向上プロジェクト、ブランディングプロジェクトに従事後、2012年(株)パンアジアパートナーズ(現AAIC)に入社。

ビューティ分野をはじめ、主に女性をターゲットとする消費財のマーケティング戦略を国内外で担当。調査設計、インタビューや行動調査などの実査、分析、インサイト抽出、示唆提言をシームレスに実行支援、新規事業戦略ではリサーチ・分析から具体化・実行まで各段階を併走。ブランディング戦略、サステナブル戦略など中長期的価値の創出支援プロジェクトにも従事。

経歴

慶應義塾大学 総合政策学部卒

専門領域

消費財、マーケティング、ブランディング、消費者調査/インサイト
新規事業開発、社会貢献・サステナビリティ

担当地域

日本を中心に、プロジェクトベースにて中国、アフリカなど

杉村 幸彦
プリンシパル(東京)

アップル・コンピュータ(株)(現Apple Japan)にて、マーケティング/営業/物流の各業務部門を連携・コーディネートするプロダクトプランナーとして、フォアキャストプランニング業務を中心とした、各種の主要業務を遂行。

その後、ICT業界を中心としたリサーチ・コンサルティング会社での上級コンサルタント、インターネット関連ベンチャーでの取締役・マーケティング本部長を経て、富士通株式会社に入社。同社の戦略的アウトソーシング事業部門において、ICT企業に対するM&A業務、ビジネスデューディリジェンス業務を遂行した。

その後、 (株)ボストン・コンサルティング・グループ(BCG、現・合同会社)にて、国内大手通信会社の新規サービス立上げ、海外大手食品会社のマーケティング業務改革、連結売上数兆円規模のグローバル企業の中期経営計画策定など、多方面に渡る事業分野/業務分野のコンサルテーション実績・成果を積み重ねた。

2013年に、デイブレイクコンサルティング を設立、代表就任。再生可能エネルギー事業、ヘルスケア事業など、数多くの事業分野における、多方面の業務分野に対し、ハンズオンスタイルでのコンサルテーションを展開。

同時に、2014年から8年間に渡り、神奈川県 知事補佐/非常勤顧問を務める。広報戦略/ヘルスケア戦略担当として、知事や神奈川県全体における主要政策の策定・実践に対する指導・助言を行った。

AAIC Japanにプリンシパルとして参画。

経歴

早稲田大学文学部卒業

専門領域

経営戦略全般

担当地域

日本

石田 宏樹
プリンシパル(ケニア)

三菱UFJ信託銀行(株)において、法人部門で事務・営業を経験した後、企画部では計数管理、新商品開発、証券仲介業務立ち上げ等を行った。その後人事部門の企画部に移り、職位階層別研修の刷新をはじめとして、主に人材育成の観点から会社の課題に取り組んだ。

海外留学を経てアクセンチュア(株)にて、自動車関連企業のアジア新興国へのオフショア支援、外資系金融機関の合併等のプロジェクトに携わり、2013年(株)パンアジアパートナーズ(現AAIC)に入社。2015年からケニアに赴任、現地法人AAIC Partners AfricaのDirectorを務める。

主にアフリカのスタートアップ向けファンド(1号・2号)の運営を担う。また、日系企業や官公庁向けのアフリカコンサルティング案件を担当。

ジェトロ・イノベーション・ホットスポット事業 ケニアアドバイザー(2019年度~現在)
ジェトロナイロビ・アフリカビジネスコーディネーター(2021年度~現在)
アフリカ関連の会議・勉強会での講演、ピッチイベントの審査員など、多数

経歴

神戸大学経営学部卒、香港中文大学大学院修了(MBA)

専門領域

ファイナンス、VC、投資、スタートアップ、ヘルスケア、金融

担当地域

アフリカ(主に東・北)

佐藤 芳之
シニアアドバイザー

66年から5年間、ケニアで日系繊維企業(Kenya Toray) に勤務。74年、ケニア・ナッツ・カンパニーを起業し、35年かけてケニア最大のナッツカンパニーに育て上げる。主な事業内容は、マカダミアナッツ・カシューナッツの生産・加工・販売、チョコ・ワイン・コーヒーの生産、売上高は$5,000万、従業員は4,000名を超える。02年「オーガニック・ソルーションズ」設立、バクテリアをベースにした農業資材の生産販売を始める。

08年、ルワンダでバクテリアを利用した公衆衛生事業会社「オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ」を設立。12年, 「ルワンダナッツ・カンパニー」を設立。

東京外国語大学インド・パキスタン語学科卒業、ガーナ大学留学

石野 博
シニアアドバイザー

三菱商事で自動車関連の業務として中東、中国、タイなどを担当。自動車メーカー並びに部品メーカーの現地販売、管理、生産、経営を行なう。

2003年関西ペイントに入社。2006年同社取締役国際本部副本部長に就任。2008年常務取締役・塗料事業部国際本部長、2012年代表取締役専務執行役員を経て2013年に代表取締役社長に就任、M&Aも活用してアフリカを含む新興国での拡販を通じ、塗料業界世界ナンバーワンを目指す戦略を進めた。2019年4月~同社相談役。

1975年東京大学法学部卒、1982年ウォートンMBA卒業

内田 和成
シニアアドバイザー

早稲田大学ビジネススクール教授
東京大学工学部卒業、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。

日本航空を経て、1985年ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)入社。
同社のパートナー、シニア・ヴァイス・プレジデントを経て、2000 年から2004年までBCG 日本代表を務める。
2006年には「世界の有力コンサルタント25人」に選出された。

2006年より早稲田大学教授。
ビジネススクールで競争戦略論やリーダーシップ論を教える他、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。

著書に『仮説思考』『論点思考』『右脳思考』(以上、東洋経済新報社)、『ゲームチェンジャーの競争戦略』(編著)
『異業種競争戦略』(以上、日本経済新聞出版社)、『スパークする思考』(KADOKAWA)、『プロの知的生産術』(PHP研究所)などがある。

玉川 雅之
シニアアドバイザー

81年大蔵省入省。金融企画局国際担当企画官・調査室長、国際通貨基金(IMF)通貨金融システム局審議役、
国税庁国際業務課長・企画課長、札幌国税局長、アジア開発銀行 (ADB)予算人事経営システム局長、
日本たばこ産業(株)財務副責任者、アフリカ開発銀行 (AfDB)アジア代表事務所長、
関東信越国税不服審判所長などを歴任。

現在 工学院大学特任教授(ファイナンス、事業運営、日本経済)
東京大学法学部卒 オックスフォード大学政治経済哲学科 修士

中島 進
シニアアドバイザー

現 四川長虹新能源 特別顧問(12年~)。元パナソニック㈱理事、海外営業総括部長。PEVE(旧パナソニックEVエナジー㈱)常務取締役、松下電器機電(中国)有限公司総経理(05年~08年)などを歴任。
30年以上にわたり日本、中国を中心とした総合電器メーカーの経営に関わる。

大阪大学経済学部卒

落合 勇
シニアアドバイザー

元ローソン執行役員、上海華聯羅森(ローソン)総経理。
1970年ダイエー入社。富士デリフーズ常務、ウェンコジャパン社長、ほっかほっか亭社長などを歴任。

上海華聯羅森(ローソン)の総経理として、中国事業の建て直し/黒字化を実現。店舗数を2.5倍に増やす。現地での店舗開発、FC開拓を軌道に乗せた。
現地の中国人・中国関連取引先から高い信頼を得ている。30年以上の小売経験。